Plan / Performance
プラン・性能

無駄のない料金体系で上質な塗装工事を。

アールイーライフでは設計プランニング~施工・アフターフォローまで一貫して対応しております。
そのため、無駄のない料金体系で上質な塗装工事をご提供いたします。

株式会社アールイーライフ
3つの塗装プラン

ベーシックプラン

標準的な塗り替えをお考えなら

高機能でリーズナブルな塗料を使用し、紫外線に強く、耐候性に優れた塗り替えを行うプランです。
常に外気にさらされる屋根や外壁は、紫外線などの影響を受けています。
メンテナンスを怠ると、家の寿命を縮めかねません。快適な住まいを長持ちさせるため、定期的な塗り替えをおすすめします。

外壁塗装
耐用年数
8年~15年
塗 料
ハイパービルロックセラ(ロックペイント)
屋根塗装
耐用年数
8年~15年
塗 料
ユメロックルーフ(ロックペイント)

スタンダードプラン

耐久性・快適性をお考えなら

省エネ・エコをお考えの方におすすめです。
遮熱塗料を使えば室内温度が下がり、電気代削減になります。綺麗な外観を維持できます。
過酷な環境にさらされる屋根・外壁だからこそ、耐久性に優れたよりグレードの高い塗料で家を守ります。

外壁塗装
耐用年数
○○年~○○年
塗 料
EXTRAスマイルシリコン(大日本塗料)
EXTRAアクアシリコン(大日本塗料)
屋根塗装
耐用年数
○○年~○○年
塗 料
サーモアイSI(日本ペイント)

プレミアムプラン

さらなる耐久性・快適性をお考えなら

ランニングコストを考え、塗装を長持ちさせ、塗り替えの頻度を少なくしたい方におすすめです。
最も耐久性が高く、フッ素を超える耐久性として注目されている、無機塗料での塗り替えです。
さらに高い快適性も期待できます。

外壁塗装
耐用年数
○○年~○○年
塗 料
EXTRAスマイルフッソ(大日本塗料)
EXTRAアクアフッソ(大日本塗料)
屋根塗装
耐用年数
○○年~○○年
塗 料
パラサーモ(日本特殊塗料)

家の大きさ、壁、屋根の状態などは、一軒一軒異なります。
具体的な料金は、住まいの診断をさせていただきお見積りとなりますので、ご参考にしてください。

使用材料の紹介

シリコン塗料

コストパフォーマンスに優れた塗料

正式名称は【アクリルシリコン塗料】です。省略してシリコン塗料と言
います。 一番使われているのはシリコン系の塗料です。
値段と耐久年数のバランスがよく、遮熱機能のあるものや、汚れにくい
高耐候性の高いもの、艶の有無やカラーなど、バリエーション豊富な塗
料です。

【こんな方におすすめ】

  • 安く済ませたいけど、耐久性もほしい
  • 塗料へのこだわりはないので、定番の塗料を選びたい

ラジカル塗料

今もっとも注目される、紫外線に強い塗料

正式名称は【ラジカル制御型塗料】です。ラジカルとは、塗料の顔料が
太陽光を吸収することにより発生する物質。ラジカルは塗膜の劣化原因
になります。このラジカルの発生を制御するのが、ラジカル塗料です。
今、最も注目されている塗料です。
ポイントは、耐久年数がシリコンより高く、シリコンとフッ素の中間に
位置する点です。

【こんな方におすすめ】

  • 紫外線に強く耐候性に優れた塗料を選びたい
  • 高機能でリーズナブルな塗料を使用したい

フッ素塗料

最も耐久性の高い、フッ素を超える塗料

フッ素塗料は、蛍石を原料としたフッ素樹脂を配合した塗料です。
フッ素塗料は耐候性、耐熱性、親水性、防藻性、防カビ性、耐水性など、たくさんの特徴があります。
主流のシリコン塗料よりも上のグレードになり高価ですが、高品質で、高い耐久性があります。

【こんな方におすすめ】

  • より耐久性の高い塗料で、塗り替えの頻度をさらに少なくしたい
  • 高性能で、より快適な住宅にしたい

外壁塗装の工程

1

足場の設置、メッシュシート設置

良い塗り替え工事をするためには、しっかりした足場の設置は基本です。
塗料の飛散防止のためにメッシュシートを取り付けます。

2

高圧洗浄

ほこり、コケ、カビ、チョーキングの粉などの汚れを落とし、綺麗な状
態にします。
丁寧にしっかり洗浄することで、塗装の仕上がりが良くなります。
窓ガラスも一緒に洗っちゃいますよ。なかなか手の届かないところがあ
りますよね。

3

養生

塗らないところの保護をします。
しっかりと養生ができていないと、綺麗な良い塗装に仕上がりません。
とても大切な作業です。

4

クラック補修・下地調整(ケレン)

クラックとは、外壁の表面にひび割れが起こる劣化現象です。
シーリングを充填し、補修をします。

5

外壁の塗装

ローラーと刷毛で塗り替えていきます。「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回が基本です。
塗った回数を分かりやすくするために中塗りの色を変える塗装屋さんもあるようですが、その場で顔料を混ぜて色を作ったりすると、塗料が持つ本来の性能が落ち、耐久性が悪くなることがあります。また経年劣化により、表面の塗料が落ちて中の色が出てくることも……。
アールイーライフでは、そういった劣化を防ぐため、「中塗り」「上塗り」は同じ色で仕上げています。

外壁塗装工事に含まれる内容

屋根塗装の工程

1

屋根の高圧洗浄・下地調整(ケレン)

丁寧にしっかり洗浄・ケレンすることでよい塗装ができます。ほこり、コケ、サビなどの汚れや古い塗膜を洗浄いたします。洗浄で落としきれなかった部分は、道具を使い剥がし取ります。
ケレンとは、鉄部の汚れやサビをヤスリで落とす作業です。私たちは電動工具を使って錆をしっかりと削ります。そうすることで錆の浮上を防ぎ、塗料の密着を良くし屋根を長持ちさせることができます。

2

下塗り(錆止め・屋根専用シーラー)

サビ止め塗料は、金属の表面に皮膜を形成します。
それにより、サビの原因である水や酵素が遮断・除去され、金属部分のサビや腐食を防ぎます。

3

中塗り・上塗り

「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回が基本です。
下塗りで錆止めを塗り屋根との密着をよくします。
中塗りは刷毛とローラーで1回目の屋根用塗料を塗ります。
上塗りは中塗りと同じ工程で2回目の塗料を塗り工事完了です。
手塗りで数回塗装して塗膜を厚くすることで耐久年数を長くすることができます。