施工の流れ

外壁塗装の工程

1 足場の設置、メッシュシート設置

良い塗り替え工事をするためには、しっかりした足場の設置は基本です。
塗料の飛散防止のためにメッシュシートを取り付けます。

2 高圧洗浄

良い塗り替え工事をするためには、しっかりした足場の設置は基本です。
塗料の飛散防止のためにメッシュシートを取り付けます。

3 クラック処理

クラックとは、外壁の表面にひび割れが起こる劣化現象です。 シーリングを充填し、補修をします。

4 養生

塗らないところの保護をします。
しっかりと養生ができていないと、綺麗な良い塗装に仕上がりません。
とても大切な作業です。

5 外壁の塗装

ローラーと刷毛で塗り替えていきます。「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回が基本です。
塗った回数を分かりやすくするために中塗りの色を変える塗装屋さんもあるようですが、その場で顔料を混ぜて色を作ったりすると、塗料が持つ本来の性能が落ち、耐久性が悪くなることがあります。また経年劣化により、表面の塗料が落ちて中の色が出てくることも……。
河合塗装では、そういった劣化を防ぐため、「中塗り」「上塗り」は同じ色で仕上げています。

屋根塗装の工程

1 高圧洗浄・ケレン

丁寧にしっかり洗浄・ケレンすることでよい塗装ができます。ほこり、コケ、サビなどの汚れや古い塗膜を洗浄いたします。洗浄で落としきれなかった部分は、道具を使い剥がし取ります。
ケレンとは、鉄部の汚れやサビをヤスリで落とす作業です。私たちは電動工具を使って錆をしっかりと削ります。そうすることで錆の浮上を防ぎ、塗料の密着を良くし屋根を長持ちさせることができます。

2 サビ止め

サビ止め塗料は、金属の表面に皮膜を形成します。
それにより、サビの原因である水や酵素が遮断・除去され、金属部分のサビや腐食を防ぎます。

3 屋根の塗装

「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回が基本です。
下塗りで錆止めを塗り屋根との密着をよくします。
中塗りは刷毛とローラーで1回目の屋根用塗料を塗ります。
上塗りは中塗りと同じ工程で2回目の塗料を塗り工事完了です。
手塗りで数回塗装して塗膜を厚くすることで耐久年数を長くすることができます!

ご相談から契約までの流れ

1 お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください!

2 現場調査

アールイーライフのスタッフが伺い、どのような状態か診断いたします。
高いところや見えにくい箇所も丁寧に調べ、写真に撮って確認していただきます。

3 お見積もり

現地調査の際、屋根に上がり測量器で正確な面積を算出します。使用材料の提示をさせていただき、詳しい見積書をお作りします。どんな些細なことでもご相談ください。

4 ご契約

色の選択や、日程の調整などをさせていただきます。

5 ご近所様へのご挨拶

トラブルの無いよう、着工前にご近所様へ工事のご挨拶をさせていただきます。

工事着工

会社名株式会社アールイーライフ
所在地神奈川県横浜市泉区和泉町1356番地
電 話045-459-9217
FAX045-459-9241
許 可神奈川県知事許可(般-2)第88001号
一般塗装技能士・二級塗装技能士